自分のダイビング器材を買うべき理由3つ【マイ器材が一番】

自分のダイビング器材を買うべき理由3つ【マイ器材が一番】

部長です。

ダイビング器材を買うべき理由3つです。

これからダイビングを始めたり、まだ器材を持っていない人の中には、ダイビング器材は買うべきか、どうなのか迷っている人もいると思います。

そこで本記事では、ダイビング器材を買うべき理由について書きました。

買うべきかどうか迷っている人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

自分のダイビング器材を買うべき理由3つ

自分のダイビング器材を買うべき理由3つ

では早速ですが、
自分のダイビング器材を買うべき理由3つは以下になります。

 買うべき理由3つ

  1. 買った方が最終的に安い
  2. 故障の心配なく安心して使える
  3. 使いやすい

こういった理由になります。

最初に結論から言っておきますが、ぶっちゃけハッキリ言って器材は買うべきです。

ダイビングを趣味にしている人で、毎月、連休など定期的にダイビングをする人であれば、間違いなく器材は買った方がいいです。

年に1回~5回程度しかダイビングをしないシーズンリゾートダイバーの場合は、レンタルで十分なので買う必要はないです。

 

1. 買った方が最終的に安い

まず一つ目の理由としては、

最終的に結局レンタルより買った方が安いです。

50本×6,000300,000
100本×6,000600,000
150本×6,000900,000
200本×6,0001,200,000

例えば、ファンダイビングでフルレンタルの相場が1日6,000円くらいなので、50本潜った場合は既に30万円になります。

100本レンタルで潜った場合は、60万円になります。

60万円も返ってこないレンタル器材に支払うよりは、自分の器材に支払った方がいいに決まってますよね。

ちなみに、200本レンタルで潜った場合は、120万円になります。

 

このようにして、ぶっちゃけ買った方が安いのは明らかなので、定期的にダイビングをする人は、早い段階で買うべきなのは間違いありません。

 

2. 故障の心配なく安心して使える

二つ目の理由としては、

自分の器材の方が、故障の心配なく安心して使えます。

自分の器材であれば、器材のコンディションを把握していますので安心して使えます。

また、もし調子が悪ければ修理に出しますので、コンディションがイマイチの状態で使うことが少ないです。

 

ところが、レンタル器材の場合はとても使い込まれていて、ボロボロだったりゲージからはエア漏れ、レギュレーターの吸い心地はとても渋い、BCDの調子が悪いなんてことは結構多いです。

もちろん、すべてのショップがそうとは限りません。しかし、そのようなレンタル器材に当たる確率は、私の知っている限りけっこう多いです。

 

また、アナタもそうですが、レンタル器材をしっかりと洗いましたか?

おそらくほとんどの人がしっかりと洗っていませんので、それの繰り返しです。

これから海に潜るのに、調子が悪かったりイマイチな器材を使うのは、ぶっちゃけ心配じゃないですか。

なので、そういったこともあって自分の器材の方が安心して使えます。

 

3. 使いやすい

三つ目は、自分の器材の方が圧倒的に使いやすいです。

慣れている自分の器材であれば、パワーインフレーターや、クイック排気、Dリングの位置まで見なくても操作できるくらい慣れますので、水中でとても快適に使えます。

また、ゲージやオクトパスの取り付け位置なども、フィックスした自分の使いやすいポジションに調整したりしますので使いやすいです。

 

一方で、レンタル器材の場合ですと、ショップによって毎回違うBCやレギュレーターだったりしますので、BCの操作なんかも毎回違います。

また、オクトパスが右出しか左出しか、マスクの合う合わない、ウェットの合う合わない、レギュレーターの吸いやすさも毎回違います。

なので、そういった面から考えても、やはり自分の器材の方が毎回同じなので間違いなく使いやすいです。

 

ダイビングは器材に頼るスポーツです

ダイビングは器材に頼るスポーツです

ダイビングは100%器材に頼るスポーツなので、レンタルや他人の器材よりも、自分の器材の方が信頼できます。

極端かもしれませんが、これから水中という人間が息をできない世界に行くわけです。

そう考えると、やはり自分の器材の方が信頼できると思いませんか?

最初に書いたとおり、年に1~5回程度しかダイビングをしないのであればレンタルですませばいいかもしれません。

しかし、定期的に潜るのであれば、やはり安心して使える自分の器材の方が心強いです。

 

器材を管理できないという意見

たまに、自分の器材を買わない人の意見で、「買っても管理できない」という人がいます。

しかし、管理できないというのは正直「???」です。

そもそもですが、ダイビング器材を管理できないと言っても、通常はダイビング後に洗って乾かせばいいだけです。

なので、自宅で特別に何かしなければいけないことは、全くありません。

1年~2年に一回、いつも行くダイビングショップにオーバーホールを頼めばいいだけなので、自分で管理することは何もありません。

なので、自分で何か特殊な作業をしないといけないと思っている人は、少し考えすぎです。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、自分のダイビング器材を買うべき理由についてでした。

ちなみに、器材はネットで買うと格安で買えます。

 

ダイビングは100%器材に頼る遊びです。

ぶっちゃけレンタルより、自分の器材の方が信頼できます。

では。

 

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】

おすすめ≫ダイビングの便利グッズ&小物まとめ30選【これで海は完璧】