串本・ダイビング|まったり3ポイントを潜る【水中写真】

水中マクロの写真の質を劇的にアップさせる方法3つ!

イントラの小野です。

2019.7.30(火)

ど平日のダイビングです。

この日は美鈴氏貸切の小野チームとIDCチームの少人数制貸切ダイビングでした。

毎日快晴のベタ凪でとてもダイビング日和だった一日でした。

スポンサーリンク

串本・ダイビング|まったり3ポイントを潜る

串本・ダイビング|まったり3ポイントを潜る

さて、この日は

  1. グラスワールド
  2. 住崎
  3. イスズミ礁

に潜ってきました。

水中写真

串本で撮影したアオサハギの幼魚

グラスワールドではアオサハギの幼魚を撮影しました。

アオサハギ幼魚はだいたい岩場みたいなとこにいますが、白抜きできる場所で撮れるといい感じになります。

体長はだいたい1センチくらいです。

串本で撮影した水中写真

他にもピロピロしているお魚や、マニアックなイトヒキベラを観察できました。

私だけですが。。

串本で撮影した水中写真

住崎ではアマミスズメダイを撮りました。

串本で撮影したアマミスズメダイ

こちらはアマミスズメダイの成魚ですが、色がとてもキレイです。

アマミスズメダイを撮影するときは、目の間にある特徴的なVラインが見えるように撮るのがカッコイイです。

また、カラフルなコーラル付近にいることもあるので背景にカラフルな色を入れてあげるといい感じに撮れます。

三本目のイスズミ礁ではマクロの写真は撮りませんでしたが、アーチ付近にでっかいクエ2匹とアジの大群がいてとても楽しかったです。

串本でのダイビングの写真

そんな感じでまったりと潜った1日でした。

では。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 ①グラスワールド ②住崎 ③イスズミ礁
〈水温〉22~26℃の間 〈気温〉27度くらい 〈天候〉晴れ
〈透視度〉 10~15mくらい
〈スーツ〉ウェットスーツ5mm+インナー、フード
〈カメラ〉Nikon D810
〈役割〉ガイド
・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事≫水中写真のコツと撮り方|6つのことを意識するだけで劇的に上達!

関連記事≫イノン・LF800-N|スヌート、スポット撮影におすすめのライト