ダイビングのウエイト|アルミとスチールタンクの目安

ダイビングのウエイト|アルミとスチールタンクの目安

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのウエイトで、アルミタンクとスチールタンクの目安です。

これからアルミタンクで潜るダイビングポイントに行ったり、いつもスチールだけどアルミで潜るときに不安がある人もいると思います。

そこで、今回はアルミとスチールのタンクでウエイトの目安について書きましたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのウエイト|アルミとスチールタンクの目安

ダイビングのウエイト|アルミとスチールタンクの目安

この記事を読んでいる人のほとんどは、アルミタンクで潜るときのウエイトが知りたいはずです。

なので、結論からすると、

アルミタンクで潜るときは、いつもより1~2キロくらいウエイトを増やすといいです。

普通のスチールタンクのときのウエイト量は各自把握していると思います。

なので、1~2キロ増やせばオッケーです。

アルミタンクでウエイトを増やす理由

アルミタンクでウエイトを増やす理由としては、スチールタンクに比べて、

アルミタンクは残圧が減ってくると水中で浮力が強くなるからです。

要はダイビングのエキジット間際になると、残圧が減ってきてタンクが浮こうとしてお尻のあたりが上に浮こうとします。

なので、それを相殺する為にウエイトを増やすわけですね。

ウエイトを追加する位置

ちなみに、ウエイトを増やす場合にBCによってはタンクを止めるバンドのあたりの両サイドにポケットがあるBCもあります。

そういったBCを使っている人は、そこに入れるとタンクが重くなることになるのでそうしましょう。もともとそのポケットは、その為にあります。

BCにポケットがない人は、普通に増やせば大丈夫です。

アルミタンクとスチールタンクの重さ

ちなみに書いておくと、実はアルミタンクの方が同じタンクの容量だと重くなります。

アルミタンクスチールタンク
10Lタンク単体約14kg約13.3kg
フル充填約17kg約16kg

しかし、水中ではアルミの方が浮力があります。

なので、ダイビングのときにアルミタンクが軽いのではなく、浮力が強いのでウエイトを増やすのです。

あわせて読みたい

そんな感じで、アルミタンクで潜るときのウエイトの目安についてでした。

海外に行くとだいたいアルミですからね。

快適なダイビングを。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】

 

【30日間無料!】アマゾンプライムなら対象の海外映画
音楽・本が見放題です!

アマゾンプライムは対象の海外映画、ドラマ、テレビ番組、国内映画などが見放題です。もちろん、メジャーな映画ばかりです。全てダウンロードは必要なく、オンライン上で見れるのでとても便利で簡単です。

また、アマゾンプライムでは映画見放題のプライムビデオの他に、更にプライムミュージックで対象の200万曲以上の音楽が聴き放題、プライムリーディングでは対象の本・雑誌・漫画が読み放題です!

今だと30日間無料で利用でき、すべてのコンテンツが利用し放題です。

ダウンロードの必要が無いので、ダイビングの移動時や待機時間に手軽にサクッと使えますのでとても便利です。
≫アマゾンプライム