ダイビングのライトの明るさはどれくらい必要か【結論】

ダイビングのライトの明るさはどれくらい必要か【結論】

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのライトの明るさは、結局のところどれくらい必要なのかについてです。

これからダイビングのライトを買おうと思っていたりする人は、どれくらいの明るさにしたらいいのか知りたい人もいると思います。

そこで、本記事ではダイビングのライトの明るさがどれくらい必要なのかについて書きましたので、参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

ダイビングのライトの明るさはどれくらい必要か

ダイビングのライトの明るさはどれくらい必要か

では早速ですが、結論からすると

  • 明るさは最大3000ルーメンあれば十分
  • 通常は最大1000ルーメンもあればオッケー

こんな感じで、通常は最大1000ルーメンもあれば十分です。

なので、これからライトを検討している人は1000ルーメン前後で使えるライトを選ぶといいと思います。

また、現在主流のライトによっては3000ルーメンまで調光できるライトもありますが、明るすぎてそこまで使わないですね。

ただ、スペックとして3000ルーメンまである分には問題ないと思います。

適当ベースでライトを持って潜ったり、水中でマクロを撮影するときにチャっとライトで照らしたりする分には、基本1000ルーメンで足ります。

本当にただライトを持って潜りたいだけの場合は350ルーメンでも十分明るいです。

350ルーメンのライトはコスパのいい、イノンのLE350がおすすめです。

 

本格的な動画はライトの明るさ重視

3000ルーメン以上の明るさが欲しい人は、動画を本格的に撮影する人です。

適当に動画を撮るのではなく、本格的に動画の撮影をする場合ですね。

ビデオグラファーみたいな人たちです。

そういった本格的な撮影をする場合には、やはり超絶明るいライトの方が有利になりますので、より高級で明るいライトを選びます。

ライトは二本あると便利

定期的にダイビングをする人は、ライトは最低2本あると便利です。

特に写真を撮る人なんかは、1本はカメラ用、1本はサーチライトでBCに着けておく用で分けて使うといいですね。

私もライトは5本くらい持っていて、使い分けています。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ライトの明るさはどれくらい必要かについてでした。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで使うカメラにおすすめのSDカード【最強】

おすすめ≫ダイビングのライト|最強におすすめの5本!【鉄板です】