ダイビングの24スキル【基本】

ダイビングの24スキル【基本】

部長です。

ダイビングの基本的な24スキルです。

オープンウォーターダイバーコースでは20の基本スキル、スキンダイバーコースでは4つの基本スキル、合わせて24スキルになります。

ダイブマスターからは全てデモンストレーションできるようにします。

一般ダイバーはたまに思い出して忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

ダイビングの24スキル

ダイビングの24スキル

ダイビングの24スキルは以下になります。(PADI)

  1. 器材セッティング(組立と取外)、準備、装着と調整
  2. プレダイブ・セーフティ・チェック(BWRAF)
  3. ディープウォーター・エントリー
  4. 水面で浮力チェック
  5. スノーケルからレギュレーター/レギュレーターからスノーケル交換
  6. ファイブポイント潜降 -浮力コントロールで水底に接触しない-
  7. レギュレーターリカバリーとクリア*
  8. マスク脱着とクリア*
  9. エア切れの練習とバックアップ空気源の使用(停止位置)
  10. バックアップ空気源を使った浮上
  11. フリーフローしているレギュレーターから呼吸
  12. 中性浮力 パワーインフレーター
  13. ファイブポイント浮上
  14. コントロールされた緊急スイミング・アセント
  15. オーラルインフレーションでホバリング1分間
  16. 水中でマスクなし移動
  17. 水中でウエイトシステム脱着
  18. 水中でスクーバユニット脱着
  19. 水面でスクーバユニット脱着
  20. 水面でウエイトシステム脱着
  21. ブラスト法を使ったスキンダイビングとスノーケリング
  22. インフレーターホースの取り外し
  23. 緩んだシリンダーバンドの締め直し
  24. エマージェンシー・ウエイト・ドロップ

以上が24スキルになります。

ダイブマスターからは、上記を全てデモンストレーションとして見せれるようにします。

一般ダイバーにとっても、基本的に24スキルは忘れないようにしてください。

 

よくあるトラブル

以下はよくあるトラブルになります。

インストラクター試験などで、考えられるトラブルなどでも参考になります。

器材のセッティング/準備

  • 調節がうまくできない
  • 手順を忘れた
  • 器材の故障や紛失

スクーバ器材の装着とウエイト調節

  • ウエイトと器材が重なっていて、すぐに外すことができない
  • プレダイブ・セーフティ・チェックを忘れてる
  • ウエイトが少ない/多すぎる

BCDに空気を入れる/抜く

  • パワーインフレーターのボタンの押を押し間違える
  • BCDに空気を入れすぎる

レギュレーターリカバリーとクリア

  • レギュレーターをくわえていないときに口から気泡が出ていない
  • セカンドステージを見つけることができない
  • クリアがうまくできず、水を吸い込んでしまう

マスククリア

  • 鼻から息を吐いていない
  • 上を向いていない
  • マスクがしっかり顔に密着していないので、クリアしてもまた水が入る

フィンの使い方

  • ひざが曲がって姿勢が悪い
  • 足がつる
  • 水底を蹴ってしまう

潜降/浮上

  • スピードが速すぎる
  • バディと離れてしまう
  • ラインを握っていない/見ていない

コントロールされたシッティングエントリー

  • バランスをくずす
  • タンクがぶつかる
  • 立っている状態から座れない

ブラストによるスノーケルクリア

  • 吹く力が弱い
  • うまく気道をコントロールできない

スノーケル/レギュレーター交換

  • うまく気道をコントロールできない
  • スノーケルの位置が悪い

マスクなし呼吸

  • 鼻から空気を吸ってしまう

ディープウォーター・エキジット

  • ウエイトを外す前にスクーバを外す
  • ウエイトを落とす
  • ウエイトがベルトから外れる

ジャイアント・ストライド・エントリー

  • マスクを押さえていない
  • エントリー前にBCDに空気を入れない
  • エントリー後、OKの合図を出さない

マスクなしで泳ぐ

  • 鼻に水が入る

浮力コントロール

  • BCDに空気を入れすぎ/少なすぎ
  • うまく呼吸でコントロールできない

バックアップ空気源

  • バディをしっかりとつかまない
  • セカンドステージを逆さまに渡す

フリーフローするレギュレーターから呼吸

  • 空気をうまく逃がせない/吸えない
  • パージボタンが押せない/押さない

コントロールされた緊急スイミング・アセント

  • レギュレーターを外してしまう
  • 「アー」と声を出さない
  • 浮上速度が速すぎる
  • インフレーターホースを上に上げない

ヘッドファースト・スキンダイブ

  • スーツなど浮力がありすぎる
  • 腕を使いすぎ

ディプレースメントによるスノーケルクリア

  • クリアを始めるのが早すぎる/遅すぎる
  • 顔をあげてない

ホバリング

  • 手や腕、足を使いすぎる
  • 呼吸でうまく調節できない
  • BCDがうまく調節できない

ウエイトシステムの脱着

  • ウエイトを外したら落としてしまう
  • ウエイトが体から離れすぎていて、バランスが安定しない

スクーバユニットの脱着

  • BCDに空気が入りすぎ
  • 右腕から外してしまう

水中ツアー

  • はぐれる/見失う
  • 水底を這って泳いでしまう

コンパス

  • 水平に持たない
  • ラバーラインが中心になってない
  • コンパスを見ないで行き先ばかり見てる

 

・・・・・・・

ざっとこんな感じで、よくあるトラブルをまとめてみました。

これからダイブマスター以上を目指す人など、必要な人は参考にしてもらえればと思います。

そんな感じで、ダイビングの基本24スキルでした。

では。

 

ダイビングのインストラクターになる費用について
イントラでブロガーの部長です。 ダイビングのインストラクターになる為の費用について、知りたい人もいると思います。 肝心な費用の面は誰でも気...
ダイビングのインストラクターになるには【イントラまでの道】
イントラでブロガーの部長です。 ダイビングのインストラクターになるには、どうしたらいいか知りたい人もいると思います。 これからイントラのコ...
ダイビングのスレート(クエスト)が固定できるBCD5選
イントラの小野です。 ダイビングで使うスレート(クエスト)がしっかりとサイドに固定できるBCDの特集になります。 スレート(クエスト)を使...