ダイビングのBCDとは?

ダイビングのBCDとは?

イントラでブロガーの部長です。

ダイビングのBCDとは何か知りたい人もいると思います。

いきなり「BCD」とか業界用語を使われても、うぇ?なんやそれは!?って思いますよね。

そこで本記事では、ダイビングのBCDとは何かについて書きました。

BCDについて知りたい人は参考にしてください。

スポンサーリンク

ダイビングのBCDとは?

ダイビングのBCDとは

ダイビングのBCDとは、

  • Buoyancy Control Device(ボヤンシーコントロールデバイス)の略になります。
  • 日本語で言うと、浮力調整装置になります。

よくダイビングの写真でタンクと一緒にダイバーが着ているジャケットのことです。

↓こんな感じのやつですね。

ダイビングのBCDとは

このBCDの背中にタンクを装着して、BCDを着てダイビングをします。

各メーカーによって様々なデザインや種類がありますが、基本的な役割は一緒です。

BCDの役割

BCDの主な役割としては、水中でBCDジャケットの中に空気を入れたり出したりして、中性浮力を保つ為に着ます。

BCDとタンクはホースで接続しますので、自由に空気を入れたり出したりできるようになります。

また、水面で浮力を確保するためにも使います。

ダイビングのBCDの役割

BCDの基本的な操作は、左肩についているホースの先端についているパワーインフレーターと呼ばれているボタンで空気を入れたり出したりして操作します。

慣れれば誰でも使えるようになります。

なぜBCDが必要なのか

なぜBCDを着ないといけないかと言うと、水中に入って行くとどんどん沈んでいくので、沈まないようにBCDに空気を入れて浮力を調整する為です。

そもそも海の特徴として、水面では体は浮きますが、水中で深くなればなるほど浮力が無くなり、体が浮かなくなりますので、何もしないと沈んでいきます。

そういった感じで、水中で浮力をコントロールする為に着るわけですね。

また、ダイビングで使うカメラやライト類も落とさないようにスナッピーコイルなどを使用してBCDと接続しておきます。

BCDには一般的に腰のあたりの両側にポケットが付いていますので、ダイビングで使う小物なんかもポケットに入れておきます。

BCDの値段

BCDの値段はピンキリで、だいたい新品で

27,000円 ~ 150,000円

といった感じですね。

あまり値段が高い物を買っても、基本的な役割は一緒なので安い物で十分だと思います。

あとは自分の好きなデザインで選んだりしますね。

レンタルよりマイBCDの方がおすすめです

基本的には、レンタルよりも自分のBCDの方がおすすめです。

簡単に言うと、使い慣れているBCDの方が操作しやすいですし安全です。

レンタルだとたまに故障しているのもあったり、ショップによって毎回違うBCDだと、その都度操作方法を確認したりしなければいけません。

なので、自分のBCDをもっておいた方が安心です。

 

 あわせて読みたい

そんな感じで、ダイビングのBCDとは何かについてでした。

ナウいギャルに限り私のBCDを貸し出します。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】