2020年末 沖縄セルフダイビング 1日目 ゴリラチョップ

2020年末 沖縄セルフダイビング 1日目 ゴリラチョップ

部長です。

2020.12.27(日)ゴリラチョップ

沖縄セルフダイビング1日目です。

定期的に沖縄で潜っているダイバーなら知っていると思いますが、冬の沖縄の海は意外と荒れるので、真夏のリゾート感は一切ありません。笑

この日も予定通り北風が暴風でメジャーなセルフダイビングポイントで潜ることはできませんでした。ということで北風に強いゴリラチョップに決定。

 

↓朝はロビーに集合。器材にカメラにダイバーは荷物が多いです。

ダイビング器材とカメラ

 

↓レンタカーに器材を積んで出発です。

レンタカーに器材を積む

 

ゴリラチョップに最も近いタンク屋さん、モトブマリンクラブ(MMC)でタンクを借りて車に積み込みます。ちなみに、11月も潜っているのでわずか一か月ぶりです。

モトブマリンクラブ

 

タンクを車に積み込む

 

↓タンク屋さんから1分でゴリラチョップに到着。準備開始です。っていうかとにかく風が強いです。

ゴリラチョップでダイビング器材の準備

 

YJダイバーも風が強くてキレていました。

YJダイバー

 

↓部長の一眼はニコンD810。写真用です。動画用はソニーにしたいな。誰かハウジング買ってくれ。

部長の一眼はニコンD810

 

↓YJダイバーのカメラはニコンD500。

YJダイバーのカメラはニコンD500

 

北原ダイバーはとっとと準備して一眼を持って入っていきました。

北原ダイバー

 

↓YJダイバーは私を見つめていました。

YJダイバー

 

↓私の髪型も強風で凄いことになっていました。

私

 

↓エントリー。強風により水面はザワついていました。

ゴリラチョップにエントリー

 

↓さすが沖縄。水中は安定の透視度です。たぶん20mくらいだったと思います。

沖縄のダイバーからすると大したことないかもしれませんが、普段和歌山の白浜で戦っている我々からすると天国クラスの透視度です。だって一緒に潜ってる人見えるんだもん。笑

ゴリラチョップの水中

 

↓北原ダイバーが撮った私。

北原ダイバーが撮った私

 

↓私を撮っている北原ダイバー。めちゃくちゃこっち撮ってます。あ、基本的にカメラは一眼とコンデジをダブルで持ってます。

私を撮っている北原ダイバー

 

↓魚も適当に撮影しました。

ゴリラチョップで撮影した魚

 

↓形。

ゴリラチョップで撮影した魚

 

ゴリラチョップで撮影した魚

 

ゴリラチョップで撮影した魚

 

↓海牛もたくさんいました。

ゴリラチョップで撮影した魚

 

↓白浜で大量発生してなんとも思わないピカチュウウミウシですが、沖縄では出現率が低いらしくこの時期の界隈はザワついていました。

ゴリラチョップで撮影した魚

 

ゴリラチョップで撮影した魚

 

↓YJも何かを撮影していました。

魚を撮影するYJダイバー

 

↓YJがドヤ顔でカメラの中性浮力を見せつけてきました。

YJダイバーの水中一眼カメラ

 

↓北原ダイバーいわく、カマス?の群れもいたらしいです。

カマスの群れ

 

↓トイレに行きたくなったので先に上がってたら二人が上がって来ました。

エキジットするダイバー

 

風が強すぎてもはや普通に寒かったですが、なんとか気合いで三本潜りました。ちなみに冬の沖縄はウェットスーツだと寒すぎて無理なので注意した方がいいです。冬は普通にドライスーツです。

ダイビングの休憩中

 

↓私の器材です。このときはOMSのBCDとNDSのレギュレーターセットを使っていました。レギュレーターは常にNDSですが、BCDはXDEEPも使っています。

私の器材

 

↓夜は名護の焼き鳥屋「さじかげん」へ。最高に美味しいお店で、連日通いました。笑

名護の焼き鳥屋 さじかげん で夕食

 

ここのお店は私的に、もしこの周辺に住んでたら毎日行くクラスの美味しさです。

名護の焼き鳥屋 さじかげん で夕食

 

名護の焼き鳥屋 さじかげん で夕食

 

名護の焼き鳥屋 さじかげん で夕食

 

ということで二日目に続きます。

では。

 

≫沖縄本島でのダイビング記事一覧