粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

水中ワイドを撮るときのカメラの露出設定のコツ

部長です。

先日は粟国島でダイビングをしてきました。

粟国島に到着後、すぐに準備をして潜りました。

潜った本数は少なかったですが、小さい群れのギンガメアジを撮影できました。

スポンサーリンク

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れ!

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

船に乗り込むと筆ん崎へ向かいました。

港から船で10分くらいです。

船から見ると非常に見晴らしのいい風景です。

潜行すると、やはり水はかなりきれいです。

透視度で言えば30mはあったと思います。

てゆうか、あれ?

ドリフトって聞いてたのに船はブイ取っている。。。。

てゆうことは流れ逆走系の体育会系じゃないですか。。。

マジか。。。

ツラいな。。

そう思いながらも泳いでいると小さな群れがいました。

ギンガメアジの写真

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

ギンガメアジの群れがいました。

小さな群れながらも躍動感があります。

ワイド好きにはたまらない光景です。

レンズはトキナーATX107を16mmくらいの単焦点にして撮ってます。

ここまで水がきれいで、寄れればフィッシュアイじゃない広角レンズでもかなり迫力ある写真が撮れると思います。

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

しばらくギンガメアジの群れを撮影していました。

他のお客さん達は流れているからか、全然撮ってない。。。

一眼なのは部長だけ。。。

あれ、写真撮りたいの部長だけなのか。。。

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

あ、そろそろ流れてるし、群れも写真に収めたし船に戻るんだろうな。。。

その予定なのは部長だけでした。。。

やはり写真撮らないチームは移動が速いので、さらに流れに逆らって泳ぎ始めました。。

まじで? 戻らないの?

船は部長の方角だよ?

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

粟国島・ダイビング|筆ん崎でギンガメアジの群れを撮影!① 

しかし、どんどん、ガンガンに流れに逆らって泳いでいきます。

とにかく泳いでいきます。。。。

百戦錬磨のセルフダイビングで鍛えた水中での方向感覚で部長は船の位置はわかっていました。

いや~今から逆走とか無理すぎるわ~

部長は残圧も30だったので一人で船に戻りました。

②へ続く。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 粟国島 筆ん崎
〈水温〉27度くらい 〈気温〉29度くらい 晴れ
〈透視度〉 30mくらい
〈スーツ〉5mmシーガル、ボレロ、ラッシュガード、フード、グローブ、
・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】