粟国島の行き方とアクセス|フェリーや宿泊など【ダイビング】

粟国島の行き方とアクセス|フェリーや宿泊など【ダイビング】

部長です。

粟国島の行き方とアクセス、フェリーや宿泊などについてです。

これからダイビングで粟国島に行こうと思っていたり、計画している人の中には、行き方やアクセス、フェリーや宿泊などについて予め知っておきたいって人もいると思います。

そこで本記事では、粟国島への行き方やフェリー、宿泊などについてまとめました。

迷うことなく粟国島に行きたい人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

粟国島の行き方とアクセス|フェリーや宿泊など【ダイビング】

粟国島の行き方とアクセス|フェリーや宿泊など【ダイビング】

では早速ですが、
那覇までは各自好きな方法で行くと思いますので、那覇から粟国島までの行き方について解説します。

 粟国島への行き方とアクセス

  1. 前泊する
  2. 那覇市内から泊港(とまりん)まで行く
  3. 泊港(とまりん)から粟国島行きのフェリー
  4. 民宿に行く

こういった感じです。

↓ちなみに、最初に粟国島の場所を説明しておくと以下になります。

粟国島の場所

こんな感じで、かなりの離島です。

では順番に説明します。

1. 前泊する

まず、粟国島に行くときは前泊します。

というのも、粟国島行きのフェリーが1日一本(朝9:55発)しかないからです。

なので、飛行機で那覇に到着して、その日のうちに粟国島に行くのはちょっと厳しいですね。

基本的には、前日に那覇に到着して前泊してから、翌日の朝のフェリーで粟国島に行く感じになります。

前泊するときは、泊港(とまりん)の近くにある以下のホテルが便利です。

これらのホテルは港側にあるので、大通りを横断しなくていいので楽チンです。

基本的には、近くのホテルの方がフェリー当日の朝に移動しなくていいので楽ですが、空いていなければ少し離れたところで、当日タクシーで行くといいです。

ちなみに、粟国島着後のダイビングをする人は、前日のうちにハウジングやカメラのセッティングをしておくといいです。

≫エクスペディア|泊港周辺のホテル検索

 

2. 那覇市内から泊港(とまりん)まで行く

那覇市内から泊港(とまりん)まで移動する場合は、タクシーか電車がいいです。

電車で行く場合、泊港の最寄りの電車の駅は「美栄橋」になります。

美栄橋からとまりんまでは、グーグルマップだと徒歩9分となってますが、歩くと結構距離を感じますのでタクシーで移動した方がいいです。

ただし、駅にはタクシー乗り場はありませんので、流しのタクシーをキャッチするか、電話でタクシーを呼ぶ感じになります。

私が電車で行ったときは、ちょうどタクシーが通ったのでキャッチできましたが、あまり通らないので、電話した方がいいですね。

タクシーを呼ぶときは、タクシーサイトでタクシーを呼べます。

 

3. 泊港(とまりん)から粟国島行きのフェリー

那覇泊港から粟国島に行くフェリーの時刻表は以下になります。

粟国島 フェリー時刻表
泊港発9:55粟国島着12:05
粟国島発14:10泊港着16:20

基本的には、片道一日1本になりますので、乗り遅れないようにしましょう。

また、当日のフェリーの運航状況は粟国島公式HPのトップページに、毎朝7:30頃にアップされますので、当日確認しましょう。

3-1. フェリー料金

泊港と粟国島のフェリー往復料金は大人一人6,590円になります。

料金表は以下になります。

区分大人
(中学生~)
小人
(小学生~)
障がい者
(大人/子人)
団体割引
(大人:15名以上)
片道3,470円1,740円1,740円/ 870円3,120/1,570円
往復6,590円3,310円片道販売片道販売
島発往復5,900円2,960円

念の為、公式サイトで確認したい人は粟国島アーカイブのページで確認できます。

3-2. フェリーチケットの購入

フェリーのチケットを購入する場合は、朝8:00頃からチケット売り場の窓口が開くので、とりあえず近くに泊まっている人は先にチケットを買った方がいいです。

売り切れになることはないと思いますが、その方が安心です。

ちなみに、フェリーチケットの事前予約はできません。

↓チケット売り場はこんな感じです。

とまりんのチケット売り場

多くの人が並んでいるラインは、ほとんどが座間味とか慶良間方面なので、粟国は空いていると思ます。

私が行ったときは、ちょっとシーズンが遅かったのでガラガラでした。

↓フェリーのチケットはこんな感じです。私が行ったときは増税前だったので6,480円でした。

粟国島行きのフェリーチケット

3-3. フェリーに乗船

フェリーに乗船します。

フェリー内には売店などは無いので、フェリーに乗る前にジュースやお菓子を予め買っておいた方がいいです。ジュースの自動販売機だけはあります。

泊港にファミマがあるので、そこで買っておくといいです。

あと、エアコンが鬼効いてるのでシャツなんかもあった方がいいと思います。

粟国島行フェリー

3-5.移動時間と船内の様子

フェリーでの移動時間は約2時間くらいです。

移動中はヒマなのでU-NEXTに登録して映画などを見ると快適に過ごせます。

粟国島行きフェリーの船内

 

粟国島行きフェリーの船内

 

粟国島行きのフェリーで撮った写真

 

粟国島行きフェリーの船内

3-6. 粟国島に到着

フェリーで2時間くらい走ると粟国島に到着です。

着後にダイビングをする人は、ダイビングショップに連絡すれば迎えに来てくれると思います。

ダイビングショップに迎えに来てもらったら、一度民宿にチェックインして、13時頃に再度ピックアップしてもらい、着後のダイビングになると思います。

粟国島の港

 

粟国島の港

 

 

4. 民宿に行く

港から民宿までの距離はだいたい3分~10分くらいです。

近い民宿ですと港の目の前になります。

港から一番近いのは風月になります。

私は民宿伊佐に泊まりました。

粟国島の民宿

 

粟国島民宿伊佐の部屋

↓この写真で見える海が港です。港からはとても近いです。

民宿伊佐からの景色

4-1. 粟国島内の主な民宿

粟国島内の主な民宿は以下になります。

  1. 風月 098-988-2510
  2. 民宿 宝玉 098-988-2367
  3. プチホテル いさ 098-988-2588
  4. 民宿 あぐに 098-988-2200
  5. 民宿 伊舎 098-988-2300
  6. 民宿 波止場 098-988-2303
  7. 民宿 寿 098-988-2407
  8. 民宿 伊佐 098-988-2048

基本的に、各民宿にホームページなどは無いので、詳細は粟国島観光協会のHPに載っています。

粟国島のシーズンであるゴールデンウィーク前から夏は、かなり混雑すると思いますので、早めに予約しておいた方がいいです。

また、1点注意点があります。

粟国島の民宿は高齢のおばあちゃんなどが運営していることが多く、予約を忘れていたりする場合があります。

なので、一度予約したあとに粟国島に行く日程が近くなったら、念のため確認の電話をしておいた方がいいです。

私も三か月くらい前に予約したのですが、当日行ったら忘れられてて危なかったです。。

たまたま空きがあったので泊まれましたが、空いていなかったら野宿するとこでした。

 

 あわせて読みたい

 

そんな感じで、粟国島の行き方やアクセス、フェリーや宿泊についてでした。

ナウいギャルに限り私が同行します。

では。

 

おすすめ≫ダイビングで人気のサンダル|おすすめはギョサンです【滑らない】

おすすめ≫宿泊・ホテル・レンタカー・航空券などの検索サイト15選【ダイビング】