【柏島】ダイビング・マクロ|フリソデエビとタイマンを張った

【柏島】ダイビング・マクロ|フリソデエビとタイマンを張った

2018.9.15(土)

イントラでブロガーの部長です。

先日から引続き、柏島でのダイビングです。

今回は、マクロの聖地であるこの地で、念願のフリソデエビとタイマンを張って粘って撮影しました。

スポンサーリンク

【柏島】ダイビング・マクロ|フリソデエビ

【柏島】ダイビング・マクロ|フリソデエビとタイマンを張った

後浜の何番だったかは全く覚えていませんが、後半になると移動が少なくなってくるので、タコ粘りのチャンスになって来ました。

イノンのスポットライト(LF800-N)を使って撮影しています。

カメラはニコンD810で、レンズは60mmなので限界まで寄って撮影しています。

フリソデエビのペアはそれはそれは萌えますね。

ペアでいるから萌えるのであって、サラサエビ並みに大量発生してたらグロテスクでしかないですけどね。。。

【柏島】ダイビング・マクロ|フリソデエビとタイマンを張った

撮り方のコツ

こういった感じで、ダークなスヌート写真を撮るときはある程度75%くらいはライトでベースの写真を撮っておいて、残りは編集で仕上げます。

ストロボにスヌートを付けて照射角を絞って撮影するよりも、LF800-Nで撮る方が被写体に光を当てやすいので簡単かなと思います。

【柏島】ダイビング・マクロ|フリソデエビとタイマンを張った

そんな感じで、フリソデエビをブラックな感じで撮影してみました。

マクロはメルヘンもいいけど、こういったゴリゴリもいいですね。

では。

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 柏島 後浜
〈水温〉26度 〈気温〉30度くらい 晴れ 朝一が鬼暑い
〈透視度〉 10mくらい
〈スーツ〉3mmスキンロングジョン、3ミリスキンタッパー、2ミリウェットパンツ、1.5ミリロングスリーブ、フード、グローブでちょうどいい。
・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事≫イノン・LE350|フォーカス、ピント合わせにおすすめなライト

関連記事≫イノン・LF800-N|スヌート、スポット撮影におすすめのライト

関連記事≫水中写真やダイビングのカメラのライト|選び方+おすすめ5選【基本】