柏島・ダイビング・マクロ|アケボノハゼを撮影

柏島・ダイビング・マクロ|アケボノハゼを撮影

イントラでブロガーの部長です。

柏島のダイビングで撮影したマクロで、アケボノハゼになります。

柏島の民家下というポイントで、水深がたしか32mくらいだったと思います。

今回の柏島でのダイビングでは、とりあえずアケボノハゼは写真に収めておきたかったので、ポイントに行けてよかったです。

スポンサーリンク

柏島・ダイビング・マクロ|アケボノハゼを撮影

柏島・ダイビング・マクロ|アケボノハゼを撮影

さて、今年の9月の連日で、鬼のように大盛況だったサービスさんですが過去最高のお客さんの数だったらしいです。。

そのために、前日まではリクエスト不可でしたが最終日はせめてアケボノハゼだけでもお願いしますと、リクエストして民家下に行って頂きました。

水深32メートルくらいに行ってすぐにアケボノハゼを発見しましたが、水があまり良くなかったのとレンズが60ミリだったので、あまり上手く撮れず。。。

あと、ストロボ1灯。。。

うーむ。

やはりハゼをゴリゴリに撮るには105ミリのレンズとストロボ2灯と45度ファインダーが良さそうですね。

あとキレイな水。

これ結構重要。

やっぱり、水がキレイなだけで写真の質が200%くらいアップしますからね。

また別の機会にアケボノハゼを撮ってみたいと思います。

では。

・・・・・・・・・・・・・・・・
〈ポイント〉 柏島 民家下
〈水温〉26度 〈気温〉30度くらい 晴れ 朝一が鬼暑い
〈透視度〉 10mくらい
〈スーツ〉3mmスキンロングジョン、3ミリスキンタッパー、2ミリウェットパンツ、1.5ミリロングスリーブ、フード、グローブでちょうどいい。
・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事≫イノン・LE350|フォーカス、ピント合わせにおすすめなライト

関連記事≫イノン・LF800-N|スヌート、スポット撮影におすすめのライト

関連記事≫水中写真やダイビングのカメラのライト|選び方+おすすめ5選【基本】