ダイビングブーツの洗い方と乾かし方

ダイビングブーツの洗い方と乾かし方は次の通りです。 1. 5分~10分程度塩抜きをする 2. 適当に真水で洗う 3. 乾かす 基本的には適当に...

ダイビングのフィン|短いタイプは使いやすくておすすめ

ダイビングで使うフィンは短いタイプもおすすめです。ダイビング上級者になると自分のダイビングスタイルによってフィンの長さも変えるので、短いフィンもかなり...

ダイビング器材の保管に便利な器材ハンガーは必須アイテム

本記事では、ダイビング器材の保管におすすめの器材ハンガーを紹介します。特におすすめはBBCの器材ハンガーです。このハンガーが一つあればBCD、レギュレ...

ダイビングで使うBCDタンクベルトの正しい締め方

部長です。 これからBCDを購入したり最近ダイビングを始めたりした人の中には、BCDタンクベルトの締め方を知りたい人も多いと思います。 そ...

ダイビングBCDのタンクベルト(カムバンド)を軽量化【NDS】

部長です。 ダイビングの講習用で使っているNDSのBCDで、タンクベルト(カムバンド)を交換して軽量化しました。 マニアックすぎて申し訳あ...

新品のダイブコンピューターで最初にすることは?【特になし】

結論からすると、ダイブコンピューターを購入したあと最初にすることは特にありません。新品のダイブコンピューターは初期設定など必要なく、購入後すぐにダイビ...

主なダイブコンピューターのメーカー10社一覧

現在主流のダイブコンピューターメーカー ・GARMIN ・SCUBA PRO ・Aqua Lung ・TUSA ・MARES ・SUUNT...

ダイブコンピューターの寿命はどれくらい?【半永久的】

ダイブコンピューターは修理することができるので寿命はありません。壊れたら修理に出すことで半永久的に使用することができます。これから自分のダイブコンピュ...

ダイビングで使うドライスーツの寿命はどれくらい?

結論からすると、ドライスーツは修理することができるので寿命はありません。極端な話、表面の素材が摩耗ですり減って生地が無くなるまで使用することができます...

SEA&SEAのハウジングでシグマ15mmフィッシュアイに使うドームポートは?

ニコンやキャノンの一眼レフで、シグマ15mmフィッシュアイを使用する場合、SEA&SEAのハウジング(MDX)にはNXコンパクトドームポートを...

ビーチダイビングではフェルトブーツがおすすめです

ビーチダイビングのエントリーにはフェルトブーツがおすすめです。フェルトブーツは底が滑りにくい素材でできているので、ビーチダイビングでヌルヌルして滑るよ...

ダイブコンピューターを中古で買うのはどう?【結論:OK】

ダイブコンピューターを中古で購入するのはアリです。全く問題ありません。中古でも新品でもダイブコンピューターに表示される情報や機能は全く同じなので、中古...

新品ダイビングマスクの油膜を歯磨き粉よりも落とす方法

歯磨き粉よりも効果的な油膜落としの方法として、次のアイテムを使います。1.シーバフ。2.激落ちくん。歯磨き粉で磨いても中々油膜が落ちないので、かなり苦...

おすすめの冬用グローブ4つと選び方【ダイビング】

おすすめのダイビング冬用グローブ。1.ワールドダイブ:メッシュグローブ3mm。2.アクアラング:3mmサーモグローブ。3.GULL:ウィンターグローブ...

バックフロートBCDでウエイトを装着する方法3つを解説

バックフロートBCDの場合、以下の方法でハーネスにウエイトを装着することがおすすめです。1.純正ウエイトポケット2.社外ウエイトポケット3.背中にトリ...

ダイビングでおすすめのグローブはこれ【夏・冬・スリーシーズン】

ダイビングでおすすめのグローブはGULLとTUSAのスリーシーズングローブです。とりあえずこれからダイビングで使うグローブを買おうと思っている場合、ま...

読者相談|ダイビングインストラクター取得の本数稼ぎはどうする?

インストラクターになるための本数稼ぎはお客さんとしてファンダイビングをするのではなく、セルフダイビングで潜ることをおすすめします。理由としては単純で、...

ダイビング好きな彼氏・彼女・友達へ贈るおすすめのプレゼント17選

ダイビング好きな彼氏・彼女・友達などに贈るおすすめのプレゼント17選を特集しました。ダイビングをしていない人はダイバーが何をもらったら嬉しいのか知りた...

ダイビングでグローブ禁止は実際どうなの?本当にダメ?

グローブが禁止されているダイビングスポットであっても、慣れていいない人やスキル不足の人はグローブを着用して潜った方がいいです。理由としては、その方がケ...

ダイビング器材のオーバーホールとは?オーバーホールは必ず必要?

ダイビング器材のオーバーホールとは、主にレギュレーターセットとBCDの部品を分解して清掃・メンテナンスすることです。オーバーホールのときは、美品を全て...